ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

切迫早産自宅安静を有意義に過ごす

読書~無料Kindleで英語を読む~と高熱の2歳児

元気だけど高熱がある2歳児との夜。

以下覚えている昨日のぐずり一覧。

「鬼のパンツ!鬼のパンツ!(泣きながら)」

「あっちの部屋で寝る!(臨月の体でマットレスを移動させ、その数時間後、こっちの部屋で寝る!で戻す)」

「電気けして!(数分後、電気つけて!)」

「足がー、足が-!(泣きながら)」

「お茶(コップについで持っていくと、小さいコップで!と言われる。)」

「はな(=はなみずをティッシュでふけ。エンドレス。)」

「かーたんもここでねんね!ちかくで!(眠れなくなったので隣でKindleを読んでいた)」

「りんごのじゅーすのむ。自分で!(ふたを自分で開け閉めしたがり、案の定こぼす)」

「ピンクのテレビ(タブレットのこと)見る、カレー食べる」で完全に起きる。

 

なにかあとひとつ、親のヘルプが頼めないとか旦那さんが非協力的とかストレス要素があったら、、、容易にどうかなりそうです。自分が子供をたたいている様子がほんのわずかに脳裏をかすめました。眠れないだけでなく動くたびに腰回りがきしんで痛い。仕事でいうと、忙しい当直も確かに眠れないのですが、患者さんに関してはある程度解決策があることと、何よりお金がもらえるところが違います。完全無料で誰からも感謝されないこの夜の労働よ。

大変なのもある程度わかっていて子供を産んだのは確かに私の判断ですが、そんなことを言う人には雷が落ちますように。そして同じ境遇の方々、本当にお疲れ様です。

この状態で一日自宅保育に突入。つらい。

 

ここから本題です。

アマゾンプライム会員もちゃんとサービスを利用しきっていませんでしたが、Kindleに関しても見逃していたことがありました(Kindleはunlimited会員ではありません)。それは、昔の本など無料で読める本が結構あること。そしてその中に英語の児童書もありました。見つけたのは小さいころ大好きだったドリトル先生シリーズ。二冊見つけました。不思議の国のアリスとかもありました。私の今の英語レベルにちょうど良く、また話もかすかに覚えているのでスイスイ読めます。

 

今までは本当にお得なサービスにうとかったのですが、時間ができてから色々発見があります。今まではもったいないことにポイント類もどんどん期限が切れて行っていた模様です。もう一つ昨日見つけたサービスですが、楽天証券で月5万円までの投資信託の支払いを楽天クレジットカードですると年間6000ポイントつくというもの。額は満額にはならないけれど、投資額を増やさないという点で積み立てNISAにちょうどよさそうです。私はSBI証券でNISA口座を作ってしまい、楽天証券投資信託は月5万円以上積み立てたりスポット買いをする予定のものなので使えないようです。こんなのも知っていたら楽天で口座を作ったのになぁ。

プライバシーポリシー