ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

切迫早産自宅安静を有意義に過ごす

読書~ウォール街のランダムウォーカー~

連休中はブログ更新できず、読んだ本が溜まってきました。

今回読んだのは、投資の勉強をする際に必ず名前が出てくるこの本です。

 

 読みごたえがありそうな厚さで、わかりやすく書いてあるとはいえ内容もすいすい読めるような軽さではありません。ただ、投資に関する歴史的な出来事、解析手法、財産の管理方法など投資に関する様々な分野について書かれてあり、きちんと読み解くことができればこの一冊読めばいい、という濃い内容です。

私が特に面白かったのは、テクニカル分析ファンダメンタル分析についてのところでした。投資を始めるにあたって色んな本を読みましたが、その中にこの二つの分析方法について書かれているのもあり、その本の中では有効な分析方法として紹介されていました。特にチャートをみて今後を予想するテクニカル分析については、具体的な株価の動きにそれぞれ名前がついていて、それさえ勉強すれば予測できるようになりそうな魅力的な雰囲気をかもしだしていたので、一時期ちゃんとチャートを勉強すべきかと考えていたくらいでした(結局むずかしい&めんどくさい&個別株買わないのでしませんでしたが)。

この本の中では、テクニカル分析についてはこてんぱんに書かれており、ファンダメンタル分析についても好意的には書かれてはいません。結局は色々分析などせずに時間を味方につけてインデックスファンドで分散投資すること、現金や保険で万一に備えること、という良心的な投資家の方々が皆さん口をそろえておすすめしている方法がベストということでした。ドキドキハラハラしたいわけではないし一攫千金をねらっているわけではない人(私)には、読むと安心する効果もある良い本でした。

ただ、投資を始めたばかりで最初に読むとなかなか面白く読むのが難しいと思うので、軽めの本を何冊か読んで、投資用語に少し慣れてきたくらいで読むのがよいと思います。私は途中難しいところはとばして読みましたが、目次をみて拾い読みするだけでも勉強になると思います。

プライバシーポリシー