ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

仕事と家事と育児を欲張る形成外科医

読書~私の財産告白~

日曜日はいつものように両親の力を借りて一日を乗り切りました。昼からはみんなでイオンに出かけて、両親に子供を見てもらっているうちに食料品の買い出しを終わらせました。献立はなにも決めていません。帰ってきてから、とりあえず、しなびかけているニンジン(この時期のニンジン、すぐしなびませんか)できんぴらを、あとはポテトサラダとさつまいもを甘く煮たのと夜ご飯用のぶりの照り焼きを作りました。明日以降は明日以降考えよう。仕事を始めた最初の週に作り置きを作りすぎ、結局旦那さんが夜ご飯をあまり家で食べられなかったので余ってしまい残念な気持ちになったのであんまり頑張らないようにするつもり。腰もまだ痛いし。

 

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

  • 作者:本多 静六
  • 発売日: 2013/05/15
  • メディア: 文庫
 

 どこかで誰かが凄くおすすめしていた本です。著者は70年くらい前に亡くなっているので時代背景は今とだいぶん違いますが、それでも根本的な考え方は古びていません。

お金に関して言っていることは、バビロンの大富豪と不思議なくらい一緒。収入の一部を最初からなかったものとして貯蓄に回すこと。そしてそれを優良な投資先に投資して増やすこと。質素倹約に励むこと。そういえば隣の億万長者も内容は似ているところがありました。バビロンの大富豪も本田静六さんも隣の億万長者も同じことを言っているって、国も時代も違うのに、もうこれは真理。

年代が違うので銀行金利の違いや有望な投資先の違いなどありますがそれはそれで面白いです。

この本には他にも、仕事は頑張ってつきつめて最終的に趣味にして楽しんでしまうこと、周りの人たちとの付き合い方、稼いだお金をどういう風に使うか、など今でもけして古びていない人生訓がたくさん書かれていて、なんとなく自分もまた明日から頑張ろうという気にさせてくれるいい本でした。

プライバシーポリシー