ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

切迫早産自宅安静を有意義に過ごす

お寿司をにぎる

日曜日の夕方は恒例の私の実家へいきました。

大雨の後で周りがぬかるんでいたので公園に遊びに行けず、室内で子供たちとあそびました。自宅で夫と二人で見ていると大変ですが、じいじとばあばがいてくれるだけでだいぶ負担が減ります。

一か月くらい前に帰ってきたときも夜ご飯にお寿司を握ったのですが、今回もお寿司を作りたいとのこと。本で読んだ、自分で魚をさばいてさっとお寿司を握る女性にあこがれているのです。

前回はシャリが大きすぎたという反省点を生かして、シャリを小さめにし、ネタも丁寧に薄く切りました。それだけで前回より大幅にレベルが上がりましたが、やっぱりおいしい!となるには何か足りない。話し合いの結果、ごはんがほろっと崩れる柔らかさでないことじゃないかということになりました。

握る時点でやや硬いので、酢飯作りから考え直さないといけません。

私の提案として、軍艦巻きにしたり、アサツキやショウガなんかをあしらったお寿司にしたら技術の拙さがごまかせるのではないかと言ってみましたが、あくまでもにぎりにこだわりたいとのこと。

それでも前回よりは上手くできたので、次回はネットで酢飯の作り方を調べて作ろう。

あと、ネタを薄く切るのも、やっぱり刺身包丁じゃないと口のあたりがなめらかじゃない気がするので、あと何回かつくってシャリ部分が安定してきたら刺身包丁をプレゼントしようと思います。

ちなみに娘はハムとチーズのホットサンドを食べました。お寿司が一緒に食べられるのはいつになるかな。回転ずしでも唐揚げしか食べません。

 

プライバシーポリシー