ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

切迫早産自宅安静を有意義に過ごす

作り置きがない月曜日のごはん

土日は朝から夜まで姪っ子甥っ子含む子供たちと遊んでいたので、今週は作り置きが何もありません。

 

月曜日、ちょっと仕事が遅くなり、ばたばた調理を開始しました。

仕事の色々で少し元気がなく、いつもより動きが悪い。そんな時はあきらめて一つ一つの作業をできるだけ丁寧にします。でないとおいしくないものが出来上がってしまいます。

 

大きな鍋と中くらいの鍋にお湯を沸かす。

冷ややっこに乗せるきゅうりとトマトを小さく切る。中途半端に余ったキュウリはその場でマヨネーズつけて食べる。

キャベツ、ピーマン、ニンジンを回鍋肉用に切る。

ニンジンはついでに今日使わない千切りも作っておいて冷蔵庫。

ニンジンは角切りにもして大きな鍋に入れる。

タマネギみじん切りも大きな鍋に入れる。

ブロッコリーも小房に分けて中くらいの鍋にいれてゆでる。これも今日は使わないので粗熱をとったらしまう。

ブロッコリーは1ふさ取り除けておいてみじん切りにしてみそこしに入れ、大きな鍋の縁に引っ掛けて柔らかくなるまでゆでる(離乳食用)。

かぼちゃをチンする(離乳食)

冷凍していたおかゆもチンする。(離乳食)

ごはんを解凍しておにぎりを作る(娘用)

小さい卵焼きを焼く(娘用)

チルドのイワシのショウガ煮をチンする(娘+私たち)

ふとおもいだして鶏もも肉を一口大に切って大きな鍋に入れる。

豚肉を切る

さっき切った野菜と肉で、回鍋肉のもとを使って回鍋肉を作る。

豆腐を切って、トマトときゅうりとキムチをのせて醤油とごま油をかける。

おかゆにかぼちゃと角切り豆腐とみじん切りブロッコリーを混ぜる。

大きな鍋はそのまま鶏肉が柔らかくなるまで煮続ける(明日以降の子供のごはん)。粗熱が取れたら冷凍(気を付けないとこれを忘れて寝てしまい、すべてがおじゃんに!)。

 

この内容、旦那さんにできる!?料理は労働として軽視されているような気がしますが、段取り力、技術力の点ですべての家事の中で最難関だと思います。そして一週間を見越しての買い出しも。

回鍋肉、キムチ冷ややっこ、イワシのショウガ煮ってちょっと主張が強いラインナップになってしまいましたが(作るの決めてたのは回鍋肉だけ)、丁寧に材料を切った分雑な感じは出ずにすみました。

料理は好きだけれど、この作業が注目されずに過去に埋もれていくのがいやで今日は書き残してみました。

今日は千切り人参と、ゆでブロッコリー、子供たちにはチキンスープ(一部カレーにもする)があるので少し気が楽です。

 

プライバシーポリシー