ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

仕事と家事と育児を欲張る形成外科医

二月末から今日の引っ越しまで

二月末、この病院で最後の長い手術がありました。数日前に息子の嘔吐下痢がうつって、私が嘔吐、旦那さんが下痢の症状で、どうなることかと思いましたが、私はどうにか回復、旦那さんは自分のパートがすんだらリタイアし、あとは大学から手伝いに来てくれた先生たちとなんとか12時に終わらせられました。術後も問題なく、今までで1番スムーズに手術から術後まですすんで、最後の山場の手術が無事にすみました。

 

次の終わらせるべきイベントは休日の救急外来。専門外の患者さんを見るのも好きではないし、救急外来はスタッフの対応も今ひとつなので私は救急外来当番は大嫌いなのです。患者さんとのトラブルも起きやすいし。ただ、院内クラスターのお陰で基本的に軽傷の外来はストップ。他の病院で対応できない人だけの対応だったので、数も少なくてこちらも無事にすみました。

 

そうこうしているうちに引越しの準備を進めないといけない時期になったのですが、急遽旦那さんが学会の座長を頼まれて土曜日が一日潰れました。その後また息子が風邪をひき、貴重な土曜日に保育園をお休みしなければいけなくなりました。子供がいるとなかなか作業が進みません。そしてその風邪を私たちがもらってなかなか夜の引越しの準備までする元気が戻らず、まずいまずいと言っていたらとどめのコロナ休園で連日の自宅保育。

結局、引越しの前日の夜中まで荷造りし、引越し当日は4時に起きてなんとか無事に先ほど荷物を送り出しました。ぐったり。家族四人の荷物量、なめてた。。。今までもそうしていたけれど、これからはもっとモノを増やさないようにしよう。途中、旦那さんとの荷造りテンポの違いに何度か発狂しそうになりました。あまりに作業スピードが違う気がしたので数えてみると、旦那さんがつめた段ボールと私がつめた段ボール、その時点で4対20!

 

大きな家具をどかすたびに、ボーロなどの食べ物のかけら、殺人現場の血痕のようなミルクのこぼし跡がでてきて、ここに住んでる間、よくゴキブリほとんど見かけずにすんだなぁと思いました。

 

二月末から怒涛の流れでなんとかここまで漕ぎ着けました。来週は私は一人でこちらで仕事、旦那さんと子供たちが東京へ。次の1週間は交代で私が東京へ。

いろんなトラップを乗り越えて、なんとか4月を迎えられますように。

プライバシーポリシー