ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

切迫早産自宅安静を有意義に過ごす

2歳児の食事

娘は偏食で、ごはん、甘い卵焼き、納豆、魚、カレー(具はみじん切り)、あとは果物しか食べてくれませんでした。子育ての参考にしているT先生のYoutubeチャンネルでは、食べてくれなくても、見慣れさせるために食べてほしいものは毎回出しましょう、と言っていたので、ブロッコリーとトマトは毎回小さく切って子供用に出していましたが食べてくれませんでした。最初は子供用にレンコンのすりおろしに色々混ぜたおやきなど子供専用メニューを作っていて、それらはたまに気まぐれに一口食べてくれるのですが、結局ほとんど捨てることになり私のメンタルが続かず。それ以降は大人のおかずを取り分けるスタイルにしました。取り分けて前に置いておくだけで、食べてくれるわけではないですが。

保育園では頑張って食べているという情報があったので、栄養面は保育園のお昼ご飯に任せて、家では、朝はうっすら甘いパン(ヤマザキアンパンマンパンが好きですがそればかりは体に悪そうなので、基本オイシックスのパン)、夜はごはんと納豆と魚(甘い卵焼きは時々)+お供え物のような野菜たちというメニューを続けていました。だって昔の日本はごはんとお漬物と魚とかだったんだから、、と自分に言い聞かせながら。

子供用メニューを検索すると、みんなカラフルでかわいい食事風景で、60年前の日本の食卓、という我が家の食事とのギャップが辛い日々でした。

2歳過ぎたころから唐揚げを食べるようになりました。ただ食べてほしい野菜はまだ食べず、果物は野菜、と自分に言い聞かせて乗り切っていました。そのうち味海苔を食べるようになり、海苔は野菜、と言い聞かせる時期がありました。そうこうするうちにハンバーガーとポテトを食べるようになりました。ポテトは一般的には野菜ですが私としては野菜カテゴリーではなく、炭水化物なのでご飯カテゴリー。でも一緒にマックを楽しめるようになったのはうれしい出来事でした。そのうちそれまで食べなかったソーセージも食べるようになりました。でもホットドックはまだ食べません。キャベツと玉ねぎの千切りを炒めてマヨネーズであえたものとソーセージを挟んだ小さいホットドックは休日の朝の定番なので食べてほしいところ。そしてそのころ、食後のデザートをだしに、ブロッコリーやトマトを一口だけ食べさせることに成功しました。なにかをだしに嫌いなものを食べさせるのはよくないとT先生が言っていましたが、その情報は無視。子育て情報は自分にできそうな都合のいいところだけ拾います。

2歳半くらいからは、今まで食べなかった冷凍ブルーベリーやミニトマトを食べるようになり、ブルーベリーとトマト食べたら完璧!と最近は偏食に関して心配しなくなってきました。アジフライ(オイシックスの冷凍アジフライ。便利でおいしい)などフライ物はだいたい食べるようになり、夕食にバラエティーが出るようになってきたので、いつも同じものばかり食べさせているという罪悪感が薄れました。そしてこの前コストコに行ったときにコストコのホットドッグ(玉ねぎ乗せ)も一人で半分以上食べました。これで朝ごはんのバラエティーも増やせる!あとは肉じゃがの中のくたくたに甘いニンジンも、デザートをだしにすれば食べました。かぼちゃの煮物もデザートをだしにすれば食べました。母の家で出された、玉ねぎのみじん切りが入った鶏肉のお団子も食べました。

 

子供の食事は本当に大変で、大人と別に作るのも手間だし、食べさせるのも手間だし、食べてくれないときにくじけない精神力もいるし、料理をしない旦那さんにはわかってもらえないストレスもあり(偏食について真剣に考えていない。なぜなら自分が偏食だから)、地味につらい時間だったのですが、私が頑張ったというよりは娘本人が成長してきたおかげで食べられるものが増えたという感じがします。

なんに関してもそうですが、娘の成長が追い付いていない段階でいくらこちらがしつけをしても効果がない、ということについては旦那さんとも意見が一致しています。おもちゃも、一か月前は教えてもできなかったものが、自然とできるようになっていたり、お行儀についてもいくら言っても聞かなかったのが、自分からできるようになったり、娘の成長を観察しながら接していかないとこちらも無駄な労力を使うしストレスが溜まります。絶対ダメなこと、例えば安全にかかわることは娘が泣いてもその時教えますが(駐車場を一人で歩き回らないなど)、それ以外のことは時期を見ることが大事だなと親初心者として痛感しているところです。

2歳児の遊び

2歳児の有り余るエネルギーをどう発散させればいいのかは休日の大きなテーマです。

外で遊ぶ定番は、晴れたお休みの日は公園、雨のお休みの日は室内プレイルームか水族館かショッピングモール。でも外に連れ出す日でもずっと外にいるわけではなく、お家の中の遊びも必要です。最近娘は、かくれんぼ、鬼ごっこ、ジャンプ(ソファから床にひいたマットレスに)がお気に入り。粘土やお絵かきもしますがまだできることが限られているので大人が飽きてしまいます。そして結局一定の時間はキッズタブレットに頼ることになります。

日曜日の夕方は毎週実家に帰るのですが、帰るたびに着実におもちゃが増えていっており、私が小さい頃も祖父母に大量におもちゃを買い与えられていたことを思い出します。両親に聞いても毎回、買ってないよ、と言いますが明らかにウソ。先週は、元々1人もいなかったシルバニアファミリーが集団で、しかも家つきで登場しているのに買ってないと言い張っていました。娘は今恐竜ブームがきているので、シルバニアのおうちには小さい恐竜フィギュアがぎゅう詰めになっていて、おうちに帰ってきたシルバニアウサギが食べられるか逃げ出すか、という設定で遊んでいます。今週は卵型のカプセルの中にスライムにまみれた恐竜のフィギュアが入っているというコンセプトが不明のおもちゃが増えていて、2歳児が怯えていました。

私は元々古いものが好きで、妹が大学の時に住んでいた町にあったレトロな軍隊ものを扱うお店がお気に入りで、そこで買った軍隊が使う火薬を入れる木のケースを持っていました。フランス軍かどこかヨーロッパの軍隊のものでとてもかっこいいのです。結婚して置き場所に困り実家に置いてもらっていたのですが、気づくとそれが娘のおもちゃ入れになっていました。まさかこんな用途に落ち着くとは、当時の私はもちろん予想していませんでしたが、これはこれでなんだか平和で微笑ましいような。f:id:pukkurimaru:20210512211523j:image

最近のDMM英会話

平日は6時から6時半、休日は6時半から7時または7時から7時半くらいでDMM英会話を続けています。現在総レッスン時間は1500分ほど。平日は5時半起き、平日は6時~6時半起きです。

朝しか子供抜きで自由になる時間がないので仕方がないのですが、朝は起きてわりとすぐレッスンになるためまだ頭が働き始めていません。理想は5時~5時半くらいに起きて、朝ごはんや読書など軽く頭と体を使ってから7時か8時くらいからやりたいけれど、そんな余裕はあるはずもなく。これ以上早く起きて大事な睡眠時間を削るのは本末転倒ですし、結局この時間帯に落ち着いています。まだみんな寝ているので、よもや子供たちを起こすことがないようにこっそり活動しています。でもさすがにDMM英会話だけだとインプットが足りないので、一日おきにそのほかの勉強をする時間にあてようかと迷っているところです。

まだまだ流暢にとはとてもいきませんが、最初よりは文章が作れるようになってきたかなと思います。でも日によっては全く言いたいことが話せずがっくり落ち込んでやめたくなります。リスニングは、相手により楽に聞き取れたり難しかったり。レッスンがおわってからわからなかった言い方をノートに書き留めて見返すようにして、文章単位で暗記するようにしていますが、かなり覚えこまないと使うときにはでてきません。

家事をしながら英語を聞くときは、がっつりリスニングは難しいので、日本語交じりの英語チャンネル(最近はあいうえおフォニックスがお気に入り)を聞いています。

先日カナダに住むいとこから船便で出産祝いが届きました。その中に英語の絵本が二冊入っているのですが、絵本だからと甘く見て同時通訳しながら娘に読もうとしたところ、全く無理。難しい単語はないものの意外に文章量が多くて、さらにイラストから内容が想像しにくい絵本だったので一回本腰入れて読んでから出ないと全く話の筋が分かりませんでした。

まだまだ道のりは遠い。

f:id:pukkurimaru:20210511060720j:image

さすがにピーターラビットのほうはいける。

リングフィットアドベンチャーのその後

テレビゲームと侮っていたリングフィットアドベンチャーは、実はやってみるとかなり本格的な有酸素運動と筋トレであることがわかったため、隙間時間を見つけてはやっています。ゲーム要素があるせいかキツさはそこまで感じないものの、筋トレとジョギングの組み合わせで15分くらいでも大量の汗をかき、ちゃんとスポーツをした後の爽快感があります。

問題は、2歳の娘が毎度毎度邪魔をしてくること。太ももにバンドでコントローラを固定するのですがそのバンドをとられる(取った後はそれをつけて自分のタブレットを見ている)、ジョギングしていると四つん這いで足の間をくぐろうとやってくる、横になる運動ではお腹にのる、etc...

娘と遊ぶのも大事なので、キリのいいところでやめるのですが、本当は30分くらいしたい。そしてプロテインを飲みたい。

それでもこの1週間くらいで、体重は変わらないもののズボンの太ももがゆるくなりました。ももあげあげ、という運動のおかげだと思います。

他のソフトとしては定番のマリオカートボンバーマンを購入し、旦那さんと戦っています。子供がいるとできないので、土曜日の午後の1~2時間くらいしかできないのですが、楽しいです。親指にボタンの跡がついてしびれるくらい白熱します。新しいソフトにはあまり食指が動かないのはもう年なのかなぁ。甥っ子達はマインクラフトやマリオのステージを作成するゲーム?をしていました。

子供がゲームをできるようになったら家族4人でゲームを楽しめるようになったらいいな。娘がタブレットでひたすら中毒者のようにyoutubeを見ている様子をみると、受動的に動画を見るよりはゲームの方がマシだと感じます。子供が大きくなったらしたいことはいろいろありますがその一つに、金曜の夕食はジャンクフードの日にして、マックやピザや冷凍食品などを並べて家族みんなでゲームをする、というのが加わりました。

 

久しぶりのロング手術

復帰後、久しぶりの長時間手術がありました。元々13時間くらいの予定手術だったのですが全て終わって退室したのが朝の四時。手術中はアドレナリンが出ているので眠くなることはなく、集中しているので手術時間も体感時間としてはかかった時間の半分くらいの感覚です。でもアドレナリンで無理矢理エネルギーを前借りしているようなものなので、あとからどっと疲れが押し寄せてくるのは大体翌日の午後から翌々日にかけてになります。

手術の日は、60代のまだ仕事をしている両親二人に子供を任せていたのでその二人の体調が心配でしたが、大丈夫だとのこと。朝方家に帰るとすやすや寝ている子供と、母が時間を持て余してピカピカに磨き上げた部屋と鍋いっぱいのカレーが待っていました。

ヘルプに来ていただいた先生たちも翌日仕事、私たちも翌日の仕事。外来は減らしていたにもかかわらず連休中に溜まっていた新患がたくさんきて結局お迎え時間ギリギリまでバタバタしていました。その夜は、絵本を読んでとせがむ娘に、お母さんはもうだめだからおやすみ、、、と言って9時に寝て、夜中旦那さんが赤ちゃんのミルクをあげている音で起きて赤ちゃんのお世話を交代し、翌日7時まで熟睡。それでやっと60%位回復し、その日もさっと寝て、現在80%位回復しました。

今日は朝病院に行った後、娘とキノコの山手作りキットでキノコの山を作り、お弁当を持って広い公園に遊びに行き、熱射病になるのではないかと思うくらい晴天下で遊んだ後お決まりの実家にやってきたところです。ミルクを飲み終わって満腹の赤ん坊をお腹に乗せての更新です。娘は両親と川にタニシを撮りに行き、旦那さんはさっきまで横で本を読んでいましたが今は寝息をたてています。乗り切った満足感もありますが、私の年齢や状況においてもこの病院のマンパワーの面においても、今後積極的にしていく手術ではないなとしみじみと思います。

ゴールデンウィークの過ごし方~動物園に行く~

一昨日は朝、私だけちょっと仕事に行き(どちらかが子供を見ないといけないので二人では行けない)、連休直前に手術になった人の様子と傷の処置をしてきました。今日は動物園に行く予定で、混む前に行きたかったので急いで仕事を終わらせましたが予定より30分くらい遅くなってしまいました。

家に帰ると、旦那さんが少し不機嫌そう。早く出発するために色々準備も終わらせたのに私がなかなか帰ってこないのでイライラしていたようです。休日にお出かけするのに、旦那さんが仕事からなかなか帰ってこないときの奥さんの気持ちがわかったとのことでした。うんうん、いままでは私が家にいて旦那さんが仕事のことが多かったから、私も同じようにイライラしていたよ。こういう経験を共有するのはお互いを思いやる材料が増えていいことです。

幸い駐車場もスムーズに駐車できました。ただ肝心の娘の反応がいまひとつ。いろんな動物がいるのですが、少し離れたところにいることが多いので娘にはインパクトが薄いようです。でも動物カードで動物の名前をたくさん憶えているので、レッサーパンダをみて「レッサーパンダだ!」といっていたのは驚きました。動物園には小さな遊園地が併設されているのですが、結局そこにある100円をいれるとしばらく揺れるタクシーや飛行機の遊具(ショッピングモールにもあるようなもの)が一番楽しかったみたいで、他の乗り物をすすめてもずっとそればかり乗っていました。娘が楽しいのが一番だからいいのですが、、、

動物は楽しめなくても、以前はできなかったこういった遊具や簡単なゲームが楽しめるようになって娘との過ごし方に幅が出てきました。独身時代は自分中心だった休日が、子供がどうしたら楽しめるかにシフトするのは思ったよりつらくはなく、むしろ楽しみが増えた気がします。できれば、数時間だけでも子供だけで遊んでくれる時間ができて、親が休憩したり自分のことをする時間がもてればなおいいのですが、そんな日はもう少し先になりそうです。

 

リングフィットアドベンチャー

帰省がダメになったストレスを運動で昇華するべく、夫婦でリングフィットアドベンチャーをしています。

リングコンという輪っかになったコントローラと太ももにつけたコントローラで遊ぶのですが、ちゃんといい運動になります。

ストーリー形式で敵を倒したりアイテムを集めるRPG風のゲームと、ミニゲームなどがあるのですが、RPG風のゲームもあくまで”RPG風”なだけでしっかり筋トレです。一つクリアするのに脈拍が140になります。

ミニゲームも面白いのですが、ひとつ何回やっても私が0点のげーむがありました。スクワットの高さと、リングコンを押し込む力加減でろくろにのっている土からツボの形を作り出すゲームなのですが、なんどやっても旦那さんは70点くらいなのに私は0点。旦那さん爆笑。

リズムゲームはちょっと退屈だったのでおもにこの二つで遊んでいます。特に上半身の肩回りは、あまり使ってない筋肉を使っている感じです。

プレイしていると娘もやりたがりますが、まだ太ももにコントローラを固定するバンドが止まらないのでできません。でもやるといってきかないので、旦那さんが懸垂をするときに手に付けるゴムパッドの、本来手首につけるバンドを足に巻いてやったら大喜びで一緒に走ったりアンパンチを繰り出したりしています。

プライバシーポリシー