ぷっくり丸と一緒

ぷっくり丸と一緒~外科系女医の試行錯誤の日々~

切迫早産自宅安静を有意義に過ごす

お化粧のお手本

大学入学からお化粧を始めて、もう20年近くになりますが、いまだに自分に合うお化粧の仕方がわかりません。

独身の頃はアイラインを引いたりマスカラを塗ったり、色々試していましたが、子供を産んで以降は眉と軽いアイシャドウだけのことが多くなりました。コロナでマスク着用のことが増えてますますお化粧はいい加減になり、上達するわけもありません。

 

一重なので、そもそもアイラインは見えないしぼやけるし、マスカラは下瞼につくしであまり甲斐がないのです。そもそも目を強調するメイクが似合わない。

眉は、書き方を載せている記事をみると、どれも今はわずかに太めの平行型なのでそうやって描いていましたが、それも私には似合っていないように思い続けていました。

 

とてもきれいな60代の女性のツイッターで、品格と言えば美智子様にかなう人はいません、と書かれていたのでいつも品格を身につけたいとあがいている私は美智子様に関する本を3冊すぐに買いました。

確かに、どの瞬間も上品。そして凛としていらっしゃいます。美智子様が皇室での伝統を打ち破り自分の家庭を築いていったことが書かれている本もあり、穏やかなだけでなく非常に強い意志も感じました。

美智子様は普段お化粧は薄めです。私が影響を受けたのは眉の形。当時の流行なのかもしれませんが、すっとした眉尻に向かって細くなるかたち。

元々流行りの顔ではない私が、流行に乗っても仕方ない。参考にするべきは時代を超えて素敵な女性だなと思った次第です。

 

診察をしていて、時々はっとするほどの上品さを感じる患者さんがいらっしゃいます。ほとんど70代以上の女性です。私のまわりには医者家系の子供である医師も多いのですが、上品な人が多いかというと私も含め全くそんなことはありません。立ち居振る舞いの教育がないせいだと思います。

今は全然重要視されていないので、立ち居振る舞いに品がある人ってどんどん少なくなっていくでしょう。

それとも私が知らない社交界にはたくさんいるのだろうか。

トリートメントが出てこない問題

こんなにいろんなことが便利になっていく中で、エアポケットのように取り残された地味に不便で嫌なことって色々あるとおもいますが、その中の一つ、最後トリートメントが上手く出てこない問題。

ポンプの下に溜まった分がどうしても出てこないので、最後はポンプを振ったり、壁にぶつけたり、水で薄めたり、、、。捨てるにはもったいない量が残っているので捨てるのも気が引けて、最後の一週間くらいは本当にイライラさせられます。

 

旦那さんと結婚する前は、香りやうたい文句でシャンプーやトリートメントを選んでいました。結婚後は、旦那さんと別のものにするとお風呂場がごちゃごちゃするし、私の方に合わせると香りが女性的なので、旦那さんの方に合わせてパンテーンとかエッセンシャルとかどこでも売っているシャンプートリートメントを使っています。

 

詰め替え用の袋をさかさまにして吊り下げるアイテムがあるのは知っていましたが、見た目が素敵じゃない。こんなの。

 

そもそもボトルも買ってきたそのままだとデザインがうるさいので、シンプルな白のボトルを買って使っていましたが、それもなんだかデザインが大きすぎて特に気に入っているわけではありませんでした。そのボトルが壊れたのをきっかけに真剣にトリートメント問題に取り組み、今回解決策が現れました。

 

専用の詰め替えパックではないといけないという問題点がありますが、花王なので手に入りにくいこともなく、そもそもアマゾンで買えばOK。ボトルもすっきりしていて気に入っています。

まだ底までたどりついていないのでその点は何ともですが、今のところとても気に入っています。ボトルの後ろと底があいていて、洗いやすいくぬるぬるしにくいのもいいです。

こういう日常的な小さいイライラって解決するとすごーく気分がいいです。

 

 

作り置きがない月曜日のごはん

土日は朝から夜まで姪っ子甥っ子含む子供たちと遊んでいたので、今週は作り置きが何もありません。

 

月曜日、ちょっと仕事が遅くなり、ばたばた調理を開始しました。

仕事の色々で少し元気がなく、いつもより動きが悪い。そんな時はあきらめて一つ一つの作業をできるだけ丁寧にします。でないとおいしくないものが出来上がってしまいます。

 

大きな鍋と中くらいの鍋にお湯を沸かす。

冷ややっこに乗せるきゅうりとトマトを小さく切る。中途半端に余ったキュウリはその場でマヨネーズつけて食べる。

キャベツ、ピーマン、ニンジンを回鍋肉用に切る。

ニンジンはついでに今日使わない千切りも作っておいて冷蔵庫。

ニンジンは角切りにもして大きな鍋に入れる。

タマネギみじん切りも大きな鍋に入れる。

ブロッコリーも小房に分けて中くらいの鍋にいれてゆでる。これも今日は使わないので粗熱をとったらしまう。

ブロッコリーは1ふさ取り除けておいてみじん切りにしてみそこしに入れ、大きな鍋の縁に引っ掛けて柔らかくなるまでゆでる(離乳食用)。

かぼちゃをチンする(離乳食)

冷凍していたおかゆもチンする。(離乳食)

ごはんを解凍しておにぎりを作る(娘用)

小さい卵焼きを焼く(娘用)

チルドのイワシのショウガ煮をチンする(娘+私たち)

ふとおもいだして鶏もも肉を一口大に切って大きな鍋に入れる。

豚肉を切る

さっき切った野菜と肉で、回鍋肉のもとを使って回鍋肉を作る。

豆腐を切って、トマトときゅうりとキムチをのせて醤油とごま油をかける。

おかゆにかぼちゃと角切り豆腐とみじん切りブロッコリーを混ぜる。

大きな鍋はそのまま鶏肉が柔らかくなるまで煮続ける(明日以降の子供のごはん)。粗熱が取れたら冷凍(気を付けないとこれを忘れて寝てしまい、すべてがおじゃんに!)。

 

この内容、旦那さんにできる!?料理は労働として軽視されているような気がしますが、段取り力、技術力の点ですべての家事の中で最難関だと思います。そして一週間を見越しての買い出しも。

回鍋肉、キムチ冷ややっこ、イワシのショウガ煮ってちょっと主張が強いラインナップになってしまいましたが(作るの決めてたのは回鍋肉だけ)、丁寧に材料を切った分雑な感じは出ずにすみました。

料理は好きだけれど、この作業が注目されずに過去に埋もれていくのがいやで今日は書き残してみました。

今日は千切り人参と、ゆでブロッコリー、子供たちにはチキンスープ(一部カレーにもする)があるので少し気が楽です。

 

妹の帰省

年に3~4回帰省する妹がこの週末子供を連れて帰ってきました。妹の子供は3歳の女の子と4か月の息子。うちの子たちと(3歳のおんなのこ、10か月の息子)と似た年齢構成です。

この土日のミッションは、どうやってこの二人の3歳児と遊ぶか、です。家の中だけでは大人がやってられません。どこかに連れ出さなければ。

土曜日は、緊急事態宣言中閉まっていた、室内プレイルームに行きました。すごくこんでいるかなーと思いきやスカスカ。どうしてだろう。ちょうどおひるごはん時だったからでみんな帰っていたのかもしれません。そのあと徐々に人が増えましたが、ちょうどよい込み具合。

子供たちは縦横無尽に走り回り遊びました。空いているからアスレチックも順番待ちなし。メルちゃんのおもちゃもおうちも使いたい放題。滑り台も滑り放題。結局3時間滞在し、まだ遊びたそうなのを説得して連れて帰りました。

そして日曜日。土曜日の朝に片付かなかった仕事をするために7時から病院に行き、学会のスライドを作ったり、病棟処置をしたりして、帰りに買い物をして10時ころに帰宅。気持ち的には本日分の労働が終わった感じですが、ここからが本日の本番です。

 

母の家の近くに、人工の川がある緑地があるということで、テントやキャリーをもって遊びに行きました。キャリーは荷物を運んだ後は0歳二人のベッドに。3歳児は川にももちろんじゃぶじゃぶ入り、どっちがどのベビーカーに乗るかで大喧嘩し、それでも二人でかけっこをしたりしてこちらも3時間以上遊びっぱなし。木漏れ日のところにテントを張って、大人は交代で休みましたが、川のところは直射日光があたるのでとにかく暑い。そして日に焼ける。

 

帰宅後も3歳児が何度も喧嘩する大声が聞こえましたが、私は0歳さんたちと別室に閉じこもりのびのびさせてもらいました。私の息子の方は何でも口に入れるのでおもちゃが散乱した部屋にはおけないし、4か月の子の方は抱っこしてないと泣くので、お布団を引いた部屋で3人でごろごろ。

3歳児はまだまだ自分が一番で上手く遊べている感じではありませんでしたが、前回はもっと個人行動だったのが今回は少しコミュニケーションが成立してきていて面白いです。

さて、疲れをひきずったまま月曜日突入!あさDMM英会話に起きた私えらい!

弱り目に祟り目 

旦那さんがいない日、0歳と3歳とお風呂に入っている時に3歳がウンチをした場合の正しい解決法がわかりません。

 

先週の長時間手術の患者さんの経過が良いので一安心したのもつかの間、昨日は2例の手術のオペレーターで、一日朝から夜まで手術でした。お迎えに間に合わなかったので旦那さんは先に帰りました。

どちらも少し気を遣う手術だったのでその疲れを引きずったまま、今日から3日間、旦那さんは学会で不在のワンオペ育児です。テレビと冷凍食品に助けてもらいながらとりあえず今0歳児の寝かしつけまでたどりつきました。3歳はテレビ鑑賞中。

 

先週の面接の結果はまだ連絡がありません。時間がかかっていることの理由でポジティブなことが思い浮かばないのでなんだかそわそわ。

 

もうひとつ、先週から心に引っかかっていることがあります。大学で進めている実験(研究分野に進んだ先生にほとんど頼っている)のデータの解析のことで連絡をとっていた先輩の先生から、勝手に医局をやめる人には時間を割いて教えたくない、と言う連絡が来たのです。これから後輩を育てることで自分が受けた恩を返していかない人には教えたくない、と。

そんな対応をされるとは想像していなかったので返答が思い浮かばず、これも決着がつかずに宙ぶらりんな状況が続いています。そんなことを言われたのは旦那さんには言っていません。とても嫌な気分にさせそうだから。実験は他の先生がされていたものを引き継いだだけなのでなんの思い入れもないのですが、私がやめてしまうと関わってくれた先生たちの努力が無駄になってしまいます。それもあり、それならもういいです!とも言えません。

今回の私の移動はそもそも旦那さんの移動のためですし、本当にこんなことを言うのはなんなのですが、その先生には対して恩を受けていないと思っているのもあり(もちろんゼロではないけれど)、ずっとモヤモヤしています。

研究を手伝ってくれている先生に相談しましたが、その先生の気持ちもわかるね、という感じのお返事だったのでモヤモヤ倍増。心ではみんなそう思っているのかなと感じました。

この問題は医局のあり方を含めいろんな問題を含んでいて、考え始めるとはまり込むのでとりあえず忙しい10月は保留しておきます。

 

こんな時もあったねと笑い話にできる日が早くきてほしいな。心の引っ掛かりが複数になると、ちょっと毎日つらい。大丈夫だけど。

15時間の手術

木曜日、私がオペレーターの15時間の手術がありました。始まりは12時、終わったのは朝の3時。

子供は院内保育所に手術の日の朝から次の日の朝からあずける段取りでした。もし熱をだしたときの流れも旦那さんと確認済み(朝熱があったら、最初は手術はしばらく一人でもできるところだからその間にシッターさん探す。夕方以降は私の母に頼める)。

病院保育所は給食がないので娘のお弁当を昼と夜の分作ります。今回は、カレー(最近レトルトを食べないので手作り)とおにぎり弁当(たこさんウインナーと卵焼き)、梨。食べてくれるものが少ないのでこの二種類しか作れません。息子は市販の離乳食。前回は院内保育所は久しぶりなので人見知りを少し泣いたみたいだけど今回は大丈夫かなと心配しながら病院保育所に預けました。

手術は想定内の術式変更があり、思った通りスッとは終わらず。でもどうにか終わらせて帰宅は朝四時。そこから3時間寝ました。

今回の手術は組織移植をする手術だったので2時間おきに移植した組織の血流が問題ないかをチェックしなければいけません。私がいないときはもちろん病棟に任せているのですが、異常があったら緊急で血管をつなぎなおす必要があるので、ケータイの音量はマックスで、泥のように眠っていてもかならず出られるようにしておかなければいけません。そうでなくても入院患者さんがいる限り、ケータイを身近に置かないという選択肢はないのですが。だから眠っていてもどこか頭の一部は起きています。

 

起きたら院内保育所にお迎え。ついでに術後の患者さんも診察。子供たちはそれほど問題なく保育所で過ごしていたようで元気に帰ってきました。さすがにすぐにいつもの保育園に連れて行くのは気がとがめたので、1時間ほど家で一緒に遊んでから連れて行きました。

そこでやっとちゃんとした休憩時間。お風呂に入って昼過ぎまで寝て、回転ずしに行きました。帰り道に子供たちをひろって、お買い物へ。そのあとは仕事で会えなかった分、たくさん遊びました。

今回は翌日眠れたので回復が早かったですが、いつもは次の日そのまま仕事なので(外来を減らしたり手術を入れなかったりはするけれど)、机に突っ伏して仮眠をとるだけになってしまうので元気が回復するのに3日くらいかかります。

10月からは、私の産後だからということで来てくれていた先生も帰っちゃって、また旦那さんと二人になります。長い手術は10月は1件。でも昨日呼吸器外科から再建(組織移植を伴う手術)依頼があり、2件になりそう。当直もある。今からすでに不安です。疲れ対策にプロテイン飲んどこう。期限があるから頑張れるけれど、この生活はもうつらいなぁ。

東京日帰り面接

来年度の就職先を探すため、一か所面接を受けるために先週の火曜日日帰りで東京に行ってきました。

朝こちらを出発し、12時にリクルート会社の人と会って打ち合わせ、13時から面接の予定でした。

 

すでに聞かれそうな内容については事前に担当の方から教えてもらっていたので自分で考えてきていましたが、当日それを書いたノートを忘れるというミス。。大体頭に残っていたので移動時間に新しいノートに書きだしました。

そして、待ち合わせのカフェを間違え、時間ギリギリでリクルート会社の人と合流。再度答え方など打ち合わせをして、時間5分前に面接場所に行ったところ、事務の人から、院長が帰ってこないので面接時間を15時にしてほしいという連絡がはいりました。

あわてて飛行機の予約を変更し(緊急事態宣言中だったので変更にお金かからなくてよかった!)、2時間は近くのカフェで本を読んで過ごし、15時から再度面接会場に行きました。

 

面接は、最初は少し硬い感じで進みましたが、院長先生はそれほど厳しい人柄ではないようで、約50分の面接はだいたい穏やかな雰囲気で進みました。途中いくつか聞かれた質問にも、事前に準備していたこともあり、そんなに悪くない答え方ができたと思うのですが、どうでしょう。ひとつ、将来どんな人間になりたいかという質問に対しては、私は新しいことを学びながら医師としての仕事をなるべく長く続けたいと思っています、と答えましたが、そういうことを聞いているわけではないようでした。どんな女性になりたいか、という意味ならもっと違う答えがあったけれど、それを答えるのも変な気がするし、でもひっかかったのはそこくらい。あとは、どんな手術に興味があるか、なぜ保険診療から美容に移ろうと思ったのか、美容医療の営業的な側面は平気か、など想定内の質問が多かったです。最後の方で、希望者が多いので早いもの順みたいな感じになる、と言われました。まだ空きが1~2人あるとのことだったので、間に合ったかなぁ。来週も他の人の面接があるとのことでした。

面接が終わった後は、大戸屋でご飯を食べて、さっと空港に行き本を読んで飛行機を待ちました。

結局もう一か所願書を出していたところからは連絡なく、今の時点ではこのクリニックだけしか候補がありません。決まるといいなー。

夜中に家に到着。面接が済んでほっとしたのもつかの間、木曜はロングの手術なのでそのことが頭にのしかかります。

とりあえず少しづつ前にすすまなきゃ。

プライバシーポリシー